TOP 全労連紹介 ニュース オピニオン 労働法制 賃金闘争 憲法・平和 くらし・社会保障 非正規全国センター 全労連共済 青年 女性 English
 
BACK
TOP
 

テキストの内容

第1章 人間らしく生き働くことと労働組合

日本国憲法が私たちの人間らしく生き、働く権利を保障していることを学び、私たちの働かされ方と労働組合の果たす役割を考えます。

第2章 労働者・労働組合の権利

労働者・労働組合の権利の特質と日本国憲法に定められている労働権・労働基本権、労働基準法や労働組合法について学びます。

第3章 労働組合の組織と運営

要求とは何か、みんなの参加と討議で練り上げる要求、労働条件決定の仕組みと団体交渉について学びます。産別や地域、組織拡大と共済について学びます。

第4章 労働者・労働組合の基本的要求と重点課題

基本的な8つの要求・課題について学びますー(1)賃金、(2)労働時間、(3)労働安全衛生活動、(4)雇用、(5)ジェンダー平等、(6)社会保障、(7)憲法と平和、民主主義を守る、(8)公務労働

第5章 未来をひらくナショナルセンター=全労連

全労連結成につながった日本労働組合運動の歴史、組織の特徴、運動の到達点、国際活動について学びます。

(各章の導入部にマンガが入り、仲間からの手紙、コラム、図表など理解を助けるしくみがいっぱい。)

実施要項

学習期間:2016年6月〜11月(6カ月間)

学習方法:テキストを使い、1カ月で1章、6カ月で全5章を学習します。

援助体制:学習サポーターを配置し修了を援助します。
学習促進用のWEBサポートがあります。
日本国憲法が私たちの人間らしく生き、働く権利を保障していることを学び、私たちの働かされ方と労働組合の果たす役割を考えます。

労働学校(スクーリング)が開催されます
県労連(あるいは地域労連)単位で行われます
開講時:オリエンテーションと記念講演
終了時:1日労働学校

修了基準:テキストを読了し、修了時の労働学校に参加してレポートを提出。参加できないときはテストを提出。修了者には議長名の修了証を交付します。

 
〒113-8462 東京都文京区湯島2−4−4全労連会館4F TEL(03)5842-5611 FAX(03)5842-5620 Email:webmaster@zenroren.gr.jp

Copyright(c)2006 zenroren. All rights reserved.